【#偏愛ルアー】まだ見ぬ新作を求めて。プロを夢見る男がたどり着いたスピナーベイトとは?(前編)

【#偏愛ルアー】まだ見ぬ新作を求めて。プロを夢見る男がたどり着いたスピナーベイトとは?(前編)

編集長のジョージです。

…突然ですが実はわたし、スマルア技研の編集長の傍ら、株式会社スマートルアーの一員として、

たくさんの素人バスアングラーの方にお話を聞く機会があるんです。

その中で、異様なほどスピナーベイトへの愛を語るにであいました。あれはたしか、「ルアーを買う時について教えてください」という信じられないほどざっくりした内容を調査していた時のこと…

彼の名はRyo。旧吉野川水系で毎日のようにバス釣りに打ち込み、プロを目指す。

その彼が異様なほどにスピナーベイトにハマっている。いったいなぜなのか?、

気になって仕方がないので、記事にしちゃいました。

RYOはどうしてバス釣りに?

ジョージ
ジョージ

そもそも、まだRyoさんがバス釣りを始めてまだ3年も経たないっておっしゃってましたよね。3年前に何があったんですか?

Ryo
Ryo

だいぶ前から釣りに対する興味はあって、メバリング、アジング、管釣りでトラウト釣ったりもしてました。けど、全然ハマる感じじゃなかったんですよ。バス釣りなんか、全然興味がなかったんです。

ジョージ
ジョージ

なるほど。そんなRyoさんがどうしてバス釣りにハマったんですか?

Ryo
Ryo
それが本当に今でもよくわからないんですが、DAIWAプロスタッフをされている川村光大郎さんをたまたまテレビで目にしたのがきっかけでした。
ジョージ
ジョージ

まさに運命の出会いを果たしたんですね。

Ryo
Ryo
そうなんです。その時まで名前も知らなかったんですけど、ルアーのアクションの細かさ、情熱のこもった表情、バスに対する深い知識、目つき、どれを取っても自分が持ってないものやったんです。「釣りにここまで情熱をかける人がいるんや…!」と、心を揺さぶられたのは覚えてますね。なぜか、「あ、これ一生の趣味にするんやろうな」って感じさせられたほどです。
ジョージ
ジョージ

もしかして、DAIWAが好きって言ってたのもそこが理由だったりします?

Ryo
Ryo
その通りです。今では、まさにその番組で川村さんが使っていたファイアウルフっていうロッドを手に入れ、愛用してます。
なんならルアーもDAIWAで揃えたいっていうレベルです。
ジョージ
ジョージ

すげえ愛ですね。そこから3年かけて、今のようなスピナーベイト大好き人間が出来上がったわけですね。スピナベにハマったのってどうしてなんですか?

Ryo
Ryo
実はスピナーベイト、バスにハマるまで存在すら知らなかったんですよ。知ってからも、なんかジャラジャラついてるし、よくわからんし、絶対釣れへんわこんなん、って思ってて。
ジョージ
ジョージ

Disがすげえ笑笑

Ryo
Ryo
でも、当時の僕のバス釣りの師匠に「これいいよ」って言われて、使ってみて、へ〜こんなんなんや、って思いながら巻いてたら、釣れたんです。
ジョージ
ジョージ

やっちゃいましたね。

Ryo
Ryo
そうなんすよ。岸際をこう、すうーっと巻いてたら、自分の足元の水面が揺らいだんですよ。その直後、どーーーんって当たりが来て。びっくりしました。しかもその後、種類を変えて合計4種類のスピナベを投げたら、それぞれ1種類ずつ、合計4匹釣れてしまって。スピナベは釣れるんやって安直な結論が出ましたね。笑
ジョージ
ジョージ

なるほど。それがきっかけでずっとスピナベで釣りまくってるんですか?

Ryo
Ryo
そうもいかないですよ。4匹釣った日の翌日に、調子乗っておんなじ岸際の場所を通してたんですけど、1匹も釣れないまあ、考えてみれば当たり前っすよね、条件違うんだから。
ジョージ
ジョージ
まあでも、気持ちはわかりますよ、釣れたんやもん!
Ryo
Ryo
その時初めて、「え、なんでなんやろう。」ってなって、なぜ釣れたのかっていうことに想いを馳せるようになったんですよね。バス釣りが上手くなって行く理由の一つを教えてくれたのが、スピナーベイトだったんです。
ジョージ
ジョージ

スピナーベイトに釣りの奥深さを教えてもらえたわけですね。
けど、数あるルアーの中で、たった一度の経験からスピナベに絞るっていうのはいくらなんでもやりすぎだと思うんですけど…

Ryo
Ryo

いやいや、こんなもんじゃないですよ。スピナベの魅力は。僕の中でスピナベの魅力は、これに加えて2つあります。
1つ目は、何より、釣れるルアーなんですよ。川にしろリザーバーにしろ、野池、湖、バスがいそうなどんなフィールドでも、ある一定以上の仕事をしてくれる。
タックルボックスを会社と見立てたら、こいつひとりおったらなんでもできるやん!っていう、超優秀な部下みたいなやつがスピナーベイトなんです!

ジョージ
ジョージ

(会社に見立てるとか斬新すぎか…!?)

Ryo
Ryo

2つ目は、ちゃんと考えてあげると、きちんと結果が返ってくるところ。とりあえずスピナベ、じゃなくて、トレースするレンジだったりを決めて、そこ探るには重さは何OZで、ってそこをこっちが考えてやってあげると、ちゃんと答えが返ってくる。上司がしっかり指示を出してあげてこそ、ちゃんと部下は動く、みたいな。スピナーベイトってほんまに釣れんの?とか言ってるやつには自分が変われって言いたいですわ。

ジョージ
ジョージ

(圧倒的愛…!)

みよ、この圧倒的にスピナベまみれなタックルボックス。
Ryo
Ryo
いやまあそれでも、DAIWAのスピナベは全然使ってないんですけどね。
ジョージ
ジョージ

え、RyoさんDAIWAが好きなんですよね?

Ryo
Ryo
逆に聞きますけどDAIWAのスピナベって聞いてピンと来ますか?
ジョージ
ジョージ

確かに…パッとは浮かばないですけど。

Ryo
Ryo
でしょ。この取材を受ける前にちゃんとしたスペック調べようと思ったら、なんとDAIWAの公式ホームページからも消えてましたからね。
でも、今回、めちゃめちゃ期待できるスピナーベイトがDAIWAから出ることになったんですよ。
Ryoさんの圧倒的な熱量で「なぜスピナーベイトが好きか?」というだけで記事が1本出来上がってしまった…。というわけで、前編はこの辺りで切ります。まだまだ語るスピナベ愛、

シン・旧、DAIWAのスピナベ論

突撃!フィッシングショーOSAKA

を読むには下の記事をクリックしてみてくださいね。

【#偏愛ルアー】まだ見ぬ新作を求めて。プロを夢見る男がたどり着いたスピナーベイトとは?(後編)

そしてここまで読んで、自分の愛するルアーへの思いがふつふつと湧いてきたあなた!

いますぐTwitterで

#偏愛ルアー

をつけて、思いの丈をぶちまけよう!

注)この記事、完全にDAIWAさんの「スティーズ スピナーベイト」推しまくりの記事なんですが、全く広告料はいただいておりません。ただ、変態なまでに一つのルアーに情熱をかける素人アングラーの熱い思いを届ける記事なのです。

釣り好きな理系大学生です。北海道に住んでいる関係でなかなかバスは釣れませんが、ロックフィッシングを楽しんでいます。

地元は野池の聖地、兵庫県三田市。釣りをはじめて、帰省が楽しみになりました笑

ツリビト社会学カテゴリの最新記事