釣れるルアーボックスをどう作るか?〜そのメソッド集と、あるアングラーのケース

釣れるルアーボックスをどう作るか?〜そのメソッド集と、あるアングラーのケース

前回、「釣れるルアーをどう見つけるか?」というテーマに関して私見を述べました。今回はそれに引き続き、「釣れるルアーボックスはどう作るか?」を考えてみます。

ここでいうルアーボックスとは、陸っぱりで身に付けるバッグだったり、小さなボートに持ち込むボックスを指すことにしたいと思います。つまり、現場に立つときに何を持って行くか、ということですね。

このテーマにはシンプルで力強い結論があります。それは「釣ったことのあるルアーだけ入れればいい」。これは田辺哲男さんの言葉です 。確かに、そうに違いありません。田辺さんが言う「コンフィデンス」があるルアーだけを集めれば、それは「釣れるルアーボックス」になるはずです。皆が自然にやっていることですね。

『田辺哲男 最強のバス釣り入門NEXT━━第一人者が教える最新のバスフィッシング入門書』
https://www.amazon.co.jp/dp/4860672933

とは言え、それで全て解決、というわけでもないでしょう。大筋の結論は上記の通りで不変ですが、この場を借りて、あえて理屈っぽく考えて遊んでみたいと思います。スペシャルなメソッドをご紹介するわけでもないですし、少し長くもなっていますが、ルアーの整理やオーガナイズにご関心のあるかたはお付き合いください:-)

ボックスの「成長」と釣るためのオーガナイズの必要性

何気なく整理、オーガナイズという言葉を使ってしまいました。筆者の中では、釣れるルアーボックスを作ることは、整理もしくはオーガナイズ=組織化と同じ概念です。多くの状況でなるべく効率を上げるためには、単に釣れるルアーを集めるだけでなく、なんらかの方策が必要で、それをオーガナイズと呼んでいる、ということです。

まず、そのオーガナイズの必要性について。

ルアーは、そのアングラーの経験と共に増殖していくのは間違いないでしょう。初めのうちは、誰かのおすすめだったり、雑誌で見た「これが釣れる」情報だったりを参考に、空白の目立つボックスを作ることになります。そして現場に立ち経験を積むうちに、ボックスは充実していき、サマになってきます。本当に釣れると思えるルアーだったり、あるいはコレが良さそうと思って買ってみたもののどうにも使い方がわからないもの、実際には釣れていないものなども含め、どんどん増え、成長していきます。楽しい過程です。

しかしこれが、どこかで重荷になってきたりもします。手こぎボートには乗せきれない量になったり、どれを持って行くか迷いがでるようになったり、現場で「アレがない」なんていうミスが出たり……。そうなると、何かしらの方法で、オーガナイズをしたくなってきます。自然と、なんらかの形で整理的な作業の必要性が出てくるのではないでしょうか。

このあたりは、その人の性格次第、という部分が大きいとは思います。筆者が知っている最もきっちりした人は、自分が持っている全てのルアーのリストをデータベースソフトで持っていて(色まで!)、その釣果も残していたりします。スゴイ。あるいはそんな細かいことは気にせずに、ざっと釣行前にひらめいたルアーをピックアップしていくだけの人もいるかもしれません。効率が悪くなってしまうのでは、とも思いますが……。

オーガナイズの一例を、ノースフォークコンポジットのブログが紹介してくれています。

『増やさないための工夫(アイク編/その1) : Go Beyond』
https://nfcjapan.exblog.jp/15833179/

アイクとは、アメリカのプロフェッショナル・アングラーのマイク・アイコネリです。アメリカ全土に及ぶツアー戦に、いかにベイトを増やさずに対応するかという話です。

アイクは全てのソフトベイトを”subtle”と”max action”に分類して考えているのだそうです。

とあるように、ワーム類のアクションを動きが強いものと弱いものに分け、結果として様々な状況に対応できるワームをボートに載せている、という話です。

このアイクの例は物量がテーマですが、少し大げさに言えば、人間の脳というか、問題解決の能力の問題もあると思います。魚を釣るにまで至る道は非常に多くの可能性があって、人間の脳はそれをシンプルにしないと扱えない。例えば同様に限りない局面が存在する将棋の世界で、ある考え方が「○○○戦法」などと名付けられ、認知的な負荷を下げるのと同じです。

釣れるルアーの集合体を作るための、オーガナイズメソッド一般論

……我ながら理屈っぽいことを書いていると思いますが、もうちょっとこのまま行ってみます:-)

では、オーガナイズのメソッドは、どんなものがあるでしょうか。筆者の経験的に、また先人の知恵と共に挙げてみます。実際にはどれかひとつの方法ということではなく、いくつかを組み合わせて使っているでしょう。

自分のコマになっているルアーからの選択
まずは単純に、「このルアーはこういう時に効くから持って行きたい」という考え方です。メリットはその効果が確かなものであることですが、この要素だけでは、バーサタイル性が高まりません。もう少し違う考え方を加える必要がありそうです。

ルアーのカテゴリーのよる分類と選択
ルアーをカテゴリーに分け、その分類ごとにボックスに入れるルアーを決めていく、という方法です。「クランクベイトはコレとコレ、スピナーベイトは……」ということです。このカテゴリー分けをどこまで細分化するかは、その人の精度しだいです。メリットとしては、一通りのカテゴリーのルアーをそろえることができ、漏れ抜けが減ることでしょうか。最もオーソドックスな方法かもしれません。

パターンによる分類と選択
「シラウオパターンにはコレ」などという方法です。自分の勝ちパターンを知っている人は、この方策が採れます。もちろん、いわゆるシーズナル・パターンも考慮に入れる必要があるでしょう。これもオーソドックスな方法だと思います。

釣るスポットによる分類と選択
「アシ撃ちにコレ、ウィードフラットではコレ……」という方法です。主にスナッグレス性能がキーになるでしょうか。バリエーションとして、ヨコに釣りたいかタテに釣りたいか、速く釣りたいか遅く釣りたいか、というのもあるかもしれません。

エリアによる分類と選択
少し視野を広げると、「琵琶湖ではコレ、霞ヶ浦ではコレ……」という方法もありそうです。東京近辺で言うなら、霞ヶ浦水系と千葉のリザーバーでも、有効なルアーはだいぶ変わりますね。

強弱によるソートと選択
ルアーの強さ、アピール度のようなものを強弱にソートし、そこからセレクトする方法です。上記のアイクの例が挙げられます。また、「教授」というあだ名を持ったアメリカのアングラー、ダグ・ハノンは、「アトラクション性能とトリガー性能」とソートしていました。

『ダグ・ハノンのビッグバスマジック』
https://www.amazon.co.jp/dp/4885364299/

ときめき法
(急にファンシーさを放り込んでみますが)とにかく好きなルアーや釣りたいルアー、つまり「ときめく」ルアーをピックアップする、という方法です。トップウォータープラグ専門の人は、これ一本で突き進んでいると言えます。漏れ抜けが発生する可能性はありますが、これはこれで楽しいですよね。

最長使用時間による選択
これ以降は、コンピューターサイエンスのアルゴリズムという分野にならっています。最長使用時間とは、現場で使っている時間が最も長いものを持って行く、という当たり前の話です。コンピューターに詳しい人は、キャッシュという言葉をご存じでしょう。つまり今アクティブに使っているデータを、記憶媒体の奥深くではなく、すぐに使えるところに置いておく、という考え方です。

最長未使用時間による廃棄
上記の逆のパターンです。つまり、使っていないものを外す。これもオーガナイズの方法と言えます。

使用頻度による選択
これもわかりやすいですね。使う時間ではなく、機会が多かったものをピックアップする、という考え方です。

緩和法
そもそもボックスに入れるルアーを減らす、という考え方です。コンピューターの世界でも、計算が複雑になりすぎて手に負えないとき、パラメータを削って負荷を減らす、ということをします。アメリカのバスプロの世界では「フリッパー」などと言って、ほぼフリッピングだけで勝負をする人もいたようです。日本でも、柳栄次さんというトーナメンターがいました。ほぼラバージグだけで「JBワールド」の年間チャンピオンを取ってしまった人です(アツい)。何かを絞り込んだ結果、迷いがなくなり集中力が増し、結果がついてくるというのは、他でも見られる現象です。特に今のフィールドはそうカンタンに釣らせてはくれないので、迷いをなくすことは大きな力になる、というのが筆者の個人的感想です。

……ざっと思いつくのはこんなところでしょうか。

なお、アルゴリズムの部分に関しては、下記の本が参考になります。例えば、「良い引っ越し先を見つけるためにはどれだけ時間を使うのが良いか?」といった現実の世界の課題に対して、コンピューターサイエンス(もしくは数学)のアルゴリズムの考え方を使って答える、という内容です。

釣りでも、「このスポットをいつ見切ったら良いか?」なんていう疑問に数学的な解を見いだせるかもしれません。筆者のアタマでは無理ですが:-)

『アルゴリズム思考術:問題解決の最強ツール』
https://www.amazon.co.jp/dp/4152097175/

オーガナイズがビシっと決まらない理由

オーガナイズ、とカンタンに言ってきましたが、実はそれほどカンタンではないかもしれません。

先日、釣り友と話をしていたところ、家のタックル置き場がごちゃごちゃになっていて手を付けるのがおっくうで、釣りに行くのがめんどくさい、という話になりました。腰が重い、おっさんの会話です:-)

それを聞いていて「そんな大げさな」と感じると共に、「そういうのもあるかも」と思い直しました。少し話が飛びますが、小学校の頃、新しいノートを買ってもらって急に勉強にやる気が出た経験はありませんか? 逆に、ノートがきれいに書けず、やる気を失ってしまったり。あるいは、割れ窓理論、というのもあります。使っていない建物があったとして、1枚の窓ガラスが割れていると、あっという間に誰かに全て割られて荒廃する、というような人間の心理の話です。

つまり、混沌とした状況や完璧ではない部分があると、全体のクオリティも落ちる、ということです。抽象的な話で恐縮ながら、なんでもきっちりやりたい人は、こうした落とし穴があるかもしれません。言い換えれば、完璧主義ゆえに行動力が落ちることがある、ということです。

逆に、細かいことをあまりにも気にしない人も、デメリットがあるかもしれません。それで楽しく、かつ効率的に釣れているのなら問題はありませんが、やはり現場で使いたいルアーが手元になかったり、釣果に波が出たりするかもしれません。

ただ面白いのは、そうした混沌が何か新しい発見を生んだり、他人と違うメソッドを生み出すことがあるというところです。世界初の抗生物質であるペニシリンが、ちょっとした実験のミスから生まれたことは有名です。同じように、「あのルアーがないからこれで代用してみよう」となって、その結果爆釣メソッドが発見されるかもしれません:-)

最も大きな課題は、「捨てられない」ことかもしれません。その昔いい思いをしたけど、最近そのシチュエーションに出会わない、というようなルアー。時としてそのルアーは、捨てがたいものになります。

個人的な例を挙げれば、その昔各地で爆発的に効いた、「ミノー系ワームのトゥイッチ」メソッドがあります。単にスラッゴーと言った方がわかりやすいでしょうか。今ではあまり使わないのですが、筆者はどうしてもこの系統のワームを外せません。ハマるとこれでしか釣れない、と思い込んでいるからです。

そうした過去の良い記憶を「引き出しが多い」と言えばポジティブに捉えられます。しかし、それによって新しいものを試す身軽さが減ったり、より有効な釣り方を学ぶ機会を失ってしまう可能性もあります。経験の長いアングラーがトーナメントでも強いとは限らないのは、こうした側面も影響していそうです。

また、今のフィールドは「そもそもそんなに釣れない」という根本的な難しさもあります。釣れなければ、オーガナイズもへったくれもアリマセン:-0 この問題に関しては、また別の機会に考えてみたいと思います。

オーガナイズの実例 筆者の釣れるルアーボックスの作り方

少し具体的なことを述べてみたいと思います。筆者がどうしているか、という話です。特別な「シークレット」は期待しないでください:-)

ストック置き場

まず、筆者は手持ちのルアー類を大きく下記のように分類し、収納してあります。

・1軍……プラノのオーバー&アンダー

・2軍ハード……複数のプラノのフィーダーボックス(白い半透明の「Stowaway」)

・2軍ソフト……靴を買ったときの箱のような箱に突っ込んである

・テスト中……靴箱テキトウに突っ込んである

・ストック……同じく靴箱にごちゃっと

1軍は、自分が一番信頼しているルアー。2軍はそれほどでもないもの。テスト中は、気になって買ってみて、練習中だったりまだ実績が出ていなかったりするルアーたちです。ストックは、1軍ルアーの予備です。

この1軍とその他に分ける考え方は、持っているルアー全体の中での「最長使用時間法」と言っていいでしょう。

プラノのオーバー&アンダーこと1258は、もはやクラシックかもしれませんね。↓こんなやつです。

Plano 1258 Tackle Box | Bass Pro Shops
https://www.basspro.com/shop/en/plano-1258-tackle-box

正確に言えば1軍ルアーは別の場所にもあるのですが(ビッグベイト等)、基本的には、このボックスに全てを収めるようにしています。本当はまだ入れたいものもあったりするわけですが、そこは上記「緩和法」や「強弱ソート」の考え方を採用し、ルアーをこの容量を上限として保つようにしています。

1258ですが、上記サイトの写真だと少し小さく見えています。しかし、例えば手こぎボートに載せたとすると、実際にはそれなりの存在感があります。大きめのベイトを多用する人やクランクベイトを細かく使い分けるような腕のある人には物足りない容量かもしれませんが、個人的にはいろいろな意味でちょうどよい、と感じています。

釣行前のピックアップ

釣りに行く前夜、このプラノを見て、明日使いそうなものをピックアップしていきます。陸っぱりバックなり、ボート用ボックスなりに移し替えるわけです。このプラノごと持って行かない理由は、ちょっと大きすぎる、と思うからです。おっさん、重いのはすぐにおっくうになります。

また、基本的には1軍プラノしか見ません。他に手を伸ばすと煩悩がふくらんで収集がつかなくなるからです:-(

このプラノのいいところは、一覧性が高いところです。まず、上面のフタを空けると、ハード系がひと通り一覧できます。そして下面を開けると、ワイヤーベイトのラックがあり、これも頼もしいやつらを一覧できます。ジグはフィーダーボックスに入れていますが、これもパッと確認できます。ソフトベイトはパッケージのまましまっているので一覧はできませんが、(その昔のレコード屋と同じ要領で)パタパタとめくっていって、一通り目を通すことができます。

この一覧性の効果は、バカになりません。自分にどんな手持ちのコマがあるかを見渡したうえでピックアップしていけば、原理的に抜け漏れがなくなります。よく、釣り師の趣味部屋の写真で、壁にパンチングボードを貼って、釣具店のようにフックを付けて、ルアーが見えるように収納している風景を見かけます。これも同じ狙いでしょう。

肝心のそのピックアップの方法ですが、上記オーガナイズの方法を、組み合わせて行っています。まずは前述の通り、やはりルアーのカテゴリーごとに見ていくことをします。さらに、その時に想定できる強力なパターン、例えば「風当たりフィーディングシャローパターンが想定されるからコレ」という考え方も混じってきます。もちろん、いいシーズンであれば、一発のときめきを込めたスーパースプークとか……。最後にテスト中の靴箱をチラっと眺めて、気になるものがあれば持って行く、という感じです。

言い換えれば、1軍ボックスを作る段階と、釣行前のピックアップの2段階で、無限の可能性からの絞り込みと、多くの状況に対応できるバーサタイル性を保つ試みを行っている、と言えるでしょう。コンセプトから考えてそうなったわけではなく、バス釣りで長く遊んでいるうちに自然にそうなっていた、ということですが。

ちなみに、実際には、陸っぱりバッグなりボート用ボックスなりは、前回の釣行時のままになっていることも多いです。ゆえにエリアや季節感が大きく変わったりしなければ、微調整程度で終わります。それほど面倒な作業ではありません。

入れ替え、昇格・降格、変遷

1軍と2軍ボックスの間で、時々入れ替えが起こります。1軍としてゲーリークローをカバー撃ちに使っていたとして、「いや、やっぱりなんだかんだ言ってブラッシュホグがいいな」と思い直すような時です。あるいは、テストをしていたものが、1軍として使えることが分かってレギュラー入り、ということもあります。逆に、入れ替えるものはなくとも、しばらく使っていないから2軍へ、という未使用時間をもとにした判断もあります。

この作業は、1軍をいたずらに肥大させず、比喩的な意味でもフットワークが軽い状態に保つことに役立ちます。外す作業は「もったいない」「いやまだ使える」という釣り人のスケベ心との戦いになることも多いわけですが、必要になったらまた2軍から昇格させればいい、というオーガナイズのシステムを作っておくことで、降格の容易さが増します。

図にすると、下記のようになっています。

また、その時の1軍ボックスを写真に撮っておく、ということも時々行います。別にたいした意味はないのですが、自分のルアー史の変遷が分かって面白いものです。

もう一度、なんでオーガナイズするのか

そもそも、こんなことを考えたり書いたりするヒマがあったら、釣りに行った方がいいのでは? ……というご意見もあると思います。まさにその通り。釣れるルアーボックスを作るには、それが一番の近道です。

ただ、魚釣りという混沌として曖昧で正解がわからない世界に、多少なりともこちらが秩序を作ることができれば、より効果的に、いろいろな状況に対応できるのではないか、と期待を抱いています。「整理学」というテーマの古典とも言えるそのものずばり『整理学―忙しさからの解放』という本で、著者の加藤 秀俊氏は言っています。

「整理」とは、もはや便利な生活技術、というようなものではない。「整理」がゆきとどくことによって、たしかにわれわれの人生は、コントロールのきいたものになる。どんな事態にも、パッと対応できるようになる。それは疑いもないことだ。

『整理学―忙しさからの解放』
https://www.amazon.co.jp/dp/4121000137/

釣れるルアーがあればいい、というのは、シンプルで強力な解釈です。それに加え、こうしたオーガナイズを行うことで、多少なりともより効率的に釣ることができる可能性があるならば、試す価値がある。そう考えて、また同時に楽しみながら、夜ごとルアーボックスいじりをしています。

上記はあくまでひとつの考え方で、もっといい方法がありそうです。もし「俺のボックスも見て欲しい!」というかたがいらっしゃったら、ぜひスマルア技研Twitterまでどうぞ!

編集部より:この記事を読んだあなたへのおすすめ

釣れるルアーをどう見つけるか?〜その戦略・極々私的なアイデア

魚のスレを科学する10 魚の「釣られにくさ」は遺伝する

魚は痛みを感じない。「磁気」を感じて釣り針を認識しているという最新説

山田 U
東京在住オジさんバサー。釣りは6歳から。でも下手の横好き。バスは河口湖育ち、現在のホームは霞ヶ浦、北浦。CCRを聞きながら水郷へ向かうのが好き。フェイバリットルアーはビッグバド。

ツリビト社会学カテゴリの最新記事